「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

辻仁成監督映画『ACACIA』公開!

『真夜中の行進』を楽曲提供しました辻仁成監督映画『ACACIA』が
第22回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されます!

去年だったか一昨年だったかもう遠い昔、辻仁成監督の事務所から、Aricoさんの曲がピッタリくるシーンがあるんだけど・・・と連絡が来て、以前作曲した名曲いやいや迷曲『真夜中の行進』[即興演奏を重ねてレコーディングしているため、ライヴでは残念ながら演奏したことがありません]で、映画『ACACIA』一曲参加させて頂くコトになりました。アントニオ猪木さん主演の辻節?また切な〜い映画だそうです!東京まで見に行きたいな〜興味のある方はぜひ!〜Arico♪

第22回東京国際映画祭 公式サイトはこちら

映画『ACACIA』オフィシャルブログはこちら
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-30 13:19 | 活動予定最新

岐阜産ほうじ番茶の底力♪

f0115787_2454789.jpg

JR岐阜駅前で一番高いビル〜GIFU・CITY・TOWER43一階アトリウムに出来た、セレクトショップ&カフェバー『MERGE』に立ち寄った。あたたかな乳白色が透けている美濃和紙の繊細な美しさ、香りにはかなりこだわる方だが、思わず手がのびた日本製せっけんやシャンプー、ふんわり優しい手触りのタオル類、こ洒落た傘立てやウサギがくっついた鮮やかなエコバック、世界中から集められたアンティーク家具やアクセサリー、何気なく置かれた本のセレクトも抜群!!欲しくなるようなモノばかりで知らない間に時間が経っていた。岐阜に帰って来た時の愉しみがまたふえた♪

同じ空間に何種類か無造作に置かれた、シンプルなパッケージデザインのオーガニック茶に気付いた。岐阜県揖斐群揖斐川町の『ちゃぽぽ園』が作っている浅煎りほうじ番茶は、野趣豊かでとても美味しかった♪秋の夜長お茶漬などに最高。写真は熱湯で二回短めに抽出して、軽やかな香ばしさを喉の入口で楽しんだ後、深めの茶碗に柔らかくなった大きな茶葉を沈めて、少しさめたお湯を注ぐと、今度はまろやかで深い渋味が表れて、秋の色彩と共に鼻孔の奥でゆっくり味わった〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-23 02:45

10月27日京都でlive決定♪

f0115787_15393491.jpg

日時:10月27日火曜日

18:00open〜19:30livestart〜

場所:LiveSpotRAG京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町521

※お問い合わせ&ご予約Tell075-241-0446
ライヴ料金¥4000+1food&1drinkご注文お願いします

[前売りチケット¥3500 ※9/30より各種プレイガイドにて発売]


Aricoザルツブルク公演報告〜ドキュメンタリー映像初上映&ピアノlive

[Specialguest〜ランデウ゛ーギャラリー主宰山中満子]
※コメント
気付くと京都に長く暮らしていました。そして今年6月からエフエム京都ラジオ番組パーソナリティとして、無謀にも新たな世界へ挑戦し始めたAricoが、今夏初めて体験した『ザルツブルク公演報告』と題して、公演を企画頂いた、京都ランデヴ−ギャラリー主宰山中満子さんをスペシャルゲストにお迎えして、トーク&ザルツブルク公演のドキュメンタリー映像を初公開!!ライヴではザルツブルク公演で弾いた曲中心に『りんご追分』や『月の砂漠』、久々に大好きなBACH『平均律クラヴィーア曲集』も弾きます。アルプス山脈の麓、5千年の歴史が続く岩塩採掘、大変パワフルで鮮烈だったザルツブルクの『土地と空気のパワー』を体感して来ました。そこでうまれた新鮮なピアノの響きをぜひ聞きに来てください〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-22 15:39 | Live情報

パネルディスカッションに出演

パネルディスカッション
「伝統的な文様・図案・意匠の新たな活用」に
パネリストとして出演します

日 時
2009年10月23日(fri)
14:00〜16:30(開場13:30)
会 場
京都商工会議所 講堂(3階)

詳しくはこちら(PDFファイル 348k)
携帯サイトはこちら

お問い合わせ
京都商工会議所 産業振興部 ブランド推進担当
TEL 075-212-6450
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-21 22:50 | 活動予定最新

トーキョーダイスキダ♪

f0115787_13076.jpg

今夜は銀座リクルートクリエーションギャラリーG8で開催中『♪シャボン玉飛んだ170人のイラストレーターが描く日本の童謡・唱歌』展覧会イベント〜第214回クリエーティブサロン〜に登場した俳優&ミュージシャンで話芸の達人、軽々と巨匠の域すら飛び越えた小沢昭一さんの講演を聞いた♪

ブラーボ!!!あんなふうに軽妙洒脱に世相を面白おかしく、そして切れ味鋭く斬りながら、童謡を歌って、ハーモニカをちょいと吹かせてホロリと泣かせるなんてね♪それでもってヒトを酔わせるなんざいけねえいけねえ♪江戸っ子気質が極まったよかオトコが、現在齢80なんて信じられねえお話よ♪

サブい言葉ばかり使ってるアタシのラジオは、後でチェックすると冷や汗出て赤面するようなコトばかり。ひどいね〜ホント!!!聞いてくれるマニアックなリスナーには感謝です〜!!!まだまだそんなおハズカシイ事態なんだけれど明るく居直るしかない。愉しさと苦しさが交互だけど、私なりに上手く出来るようになるまで演り続けるしかない。それはきっと気の遠くなる程先のお話しかも知れず。がしかし、37年間ラジオ番組を続けている小沢昭一と比べるなんざ、阿呆の極致だあぶねえあぶねえ。まだそりゃほんの赤ん坊でしょアンタはん。

トーキョー〜此処にはまたまた大好きなヒトが一杯いるから困るんや。もっともっと毎月来よう!!ライヴもだんだん殖やそうっと♪ここはどこ??あたしはだあれ??東京タワー近くに泊まってると増上寺パワー&秋の虫の声がいっそう涼やかだがいつのまにか虫刺され♪あっそういえばむかし増上寺の一角で演奏したっけ〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-17 01:30

ザルツブルク記事掲載頂きました♪

ちょっと涼しくなったと油断していたらまた残暑が厳しく、今頃ザルツブルクへ行った疲れが出ている?!イヤイヤ元気すぎて、相変わらず朝まで起きている生活が今ちょっと響いてるだけだから大丈夫です♪

そうそうザルツブルクへ、一緒に行った友達の山中満子さんが、彼女のブログに、私がミラベル宮殿でピアノを弾いている写真や、色んな場所へ行った写真等一杯載せて下さった。ザルツブルクは素晴らしいパワースポットだった♪それを見て色んな出来事をまた鮮やかに想い出した♪本当に満子さんのおかげで心から安心して、ザルツブルクで公演出来たのだ。満子さん一杯ありがとう〜!!!

写真は去年タイバンコクで泊まっていたホテル。バンコクも一杯よい思い出を作ってきた。また久しぶりに行きたいな♪

f0115787_18441715.jpg


山中満子さんブログはこちら ぜひご覧くださいね〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-07 18:44

ほうじ茶の香りに日本の秋♪

f0115787_2313731.jpg

ラジオ番組原稿に追われてます。ザルツブルク公演に到る間、実は非常にbitter&sweetでドラマティックな展開が色々ありました。それでヒトを泣かせそれを感じて自分も泣き♪男のヒトには特に昔からよく泣いて頂きました。多分かなりな『S』です。出発直前キレるようなコトが派生して[ソレがナニかはちょっとだけラジオで語ります]とにかく私はザルツブルクへは行きませんとザルツブルクサイドに対してキレました。行く勇気より行かない勇気を選びたいと伝えました。それでその時自分はケロッとスッキリしました♪しかし関係者の皆さんにはギリギリになって迷惑かけるコトになり、今思い返すとゾ〜ッとする展開です。今から思えば色んな意味で極限状態だったからでキレたわけですが、ザルツブルクを本当に存分に楽しんで来たわけですし、コンサートも成功して結果オーライで、関係者の皆さんには一杯感謝です!!!

私の性格をよく知るヒトたちからはアンタまたやらかしたんかいな〜?!まあそれでこそアリチャンやな!!と言われそうな出来事です。そりゃあ厄介な女です。そうでなきゃあ今まで長いことオンガク演ってまへん♪でも自分にウソはつけないだけ。無器用なまんまここまで生きてきちゃったということです。ラジオ番組はドラマティックな音楽をかけながらゆっくり演ろうっと〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-03 02:31

ザルツブルクでイベント参加記事発見♪

f0115787_3514446.jpg

ザルツブルクミュージアムで「日本の芸術」特別展示会が開催され、関連したイベントとして佐々木祐司さん、増山麗奈さん、大山結子さんによるパフォーマンスに参加してきた♪それはハプニングのように起こり、日本出発直前ザルツブルクサイドから知らされて決まったコトで、どんなヒトたちのパフォーマンスに参加するかも知らないままザルツブルクに来てしまったのだが、人生はだからこそ面白い♪

増山麗奈さんがblog[下記]に私のコトも一緒に載せて下さっていた!!ぜひ見て下さいね♪ザルツブルクミュージアムは、元々大司教の居城であった宮殿をリノベーションしていてとてもステキな建物だった。「日本の芸術」展のメイン会場は地下にあり、歌舞伎役者6代目中村歌右衛門の衣装や人間国宝の井上萬二の白磁、7代目加藤幸兵衛の陶磁器、ザルツブルク人がプライベートに所有している安藤広重の版画などが、ゆったりと広い会場に余白を持って優雅に展示されていた♪しかし一階はまた全然違った趣向で若手の絵画や写真作品が飾られていて、それは今の日本の色んな病巣をえぐり出した様などこか不気味な不安に満ちていて、鬱病のクスリをうずたかく積み上げたイタイ作品ばかりの様に感じられ、やはりロスジェネ世代からみた今の日本社会は相当酷いのかも知れないと、海外であらためて感じた。

参加したイベントのリハーサル時、彼らのパフォーマンスは全く意味不明で理解出来ず、外国人に受けるカタチを狙っているように感じられたが、本番途中から彼らが三人三様でカラダをハッテいる。つまり本当に捨て身なのだと気付いた時思わず落涙しそうになって、私もカラダをハッテバッハを弾いた♪

イベント終了後、増山麗奈さんからAricoさんのピアノに救われましたと言われ、私も何か救われたような気がした。参加出来て、皆さんに出会えてよかった♪その詳細はまたラジオでお話ししたい。写真はザルツブルクのマリオネット劇場に潜んでいた出番待ちの人形たち〜Arico♪


増山麗奈さんのブログ〜
【news】ザルツブルグパフォーマンス報告”多様体”
http://renaart.exblog.jp/12210512/
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-09-01 03:51


ミュージシャン山下有子[Arico]のブログ、最新情報


by aricohibinoawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
Live情報
活動予定最新
HP更新情報
音声配信
終了したイベント
未分類

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

人気ジャンル