<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

11/27金曜ラジオ番組でliveします

f0115787_323563.jpg

今また、色んなキモチが目まぐるしい感じで動いている。気付くと12月4日、リストランテアゼクラライヴがだんだん迫ってきた!リハーサル練習も、色々楽しくお聞かせできるようにがんばってます♪

今週金曜日深夜1時からのラジオ番組では、小さなキーボード楽器を持ち込んで番組内ライヴになりそう♪先日、ランデヴーギャラリーのライヴで小さなキーボード楽器での演奏がとても心地よかったので、ラジオをお聞きの皆さんにも、生な音のエネルギーを、ぜひお伝えしたいと思った♪ラジオから流れるキーボード音はどんなんかな?!初めての試みに挑むコトで、またまたドキドキしながら練習中♪

色んなこだわりを外したい。もっと柔らかで熱〜いエネルギーへ♪全て脱ぎすてて裸なココロでもっと色々ひろげていきたい♪そんなキモチを音で伝えたい[写真は去年滞在していたバンコクでのホテルの部屋を出たところ]〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-24 03:23

秋の夜の宴ライヴの余韻♪

f0115787_20563877.jpg

京都は益々寒くなってきた。11月20日開催された、京都ランデヴーギャラリーイベント『秋の夜の宴』では、とても心地よく温かな空気に包まれてライヴするコトが出来た♪久しぶりに演奏したエレクトリックキーボードの音色がどんな風に響くのか、実はライヴが始まるまでドキドキだったが、時々頼りにしている占いの木村伯龍先生(ただ今発売中雑誌anan43頁に登場されてます)がライヴ冒頭『イヨ〜ッ!日本一!』と声をかけて下さった。一瞬で会場の雰囲気が和やかになってふっと余分な力が抜けた♪先生ありがとう〜!!おかげさまでなかなかよいライヴになったようだ。皆さんから頂いた感想は、あたたかくて懐かしい音がした。新曲が面白かった。アコースティックピアノとはまた違った胸キュンな響きだった。エレクトリックな音が大好き。抱えてたストレスが全部飛んでいった。癒しの音だと・・・

以前、自分のオンガクが癒しだと言われるコトがどうも苦手だった。というのもいわゆるヒーリング〜癒しと称されるオンガクで好きな作品にほとんど巡り会わなかったからだ。癒し効果があると掲げたオンガクの中に、本当の癒しなどあるはずがないと思っていた。意識的に作っても当初の目的から外れていくのがオンガクの本質なのだから。私の中でヒーリングミュージックが胡散臭いと感じられた時代はとても長かった。ハードロックだろうがパンクだろうがクラシックだろうがジャンルに全く関係なく、夢中でそのオンガクを求める、聞いてしまうその行為こそ本当の癒しというものだ。それは恋愛のカタチにとてもよく似ている。でも今は、自分のオンガクがどんな風に言われようが、もうこだわりがなくなったしなんでもあり♪そしてそれをありがたく受けとめられるようになった。今回はフランス人女性から、あなたの音楽は絶対癒しだと指摘されたコトがうれしかった。その断定が彼女の私に対する優しさだと感じられたのだ。私もやはり少しは大人になったかな?

ライヴ会場に展示された、山田夕香さんの絵画『果てしなき旅』(前ブログ参照)は本当に素晴らしかった!!!その世界は、強く、切なくて甘く、フラジャイルでドラマティックだった。夕香さんが『旅人たち』を何度も何度もリピートして聞き込んで、描いて下さったコトが作品から伝わってとても胸が熱くなってその世界に抱かれるように音楽を奏でるコトが出来た♪

また急遽参加で、グノーの『アヴェマリア』を弾いて下さったバイオリニストの沼田聡さんありがとう〜!!またこの先コラボ出来るコトが楽しみ♪お出でいただいた画家田中直子さん、フラワーアレンジメント藤井淳子さん、百花堂高橋美和さん、アメリカ屋楽器沼田さん、フォトグラファー三輪さん、制作プロデューサー秋田令子さん、癒菜会の馬場さん、国際交流基金の斎木さんご夫妻、リストランテアゼクラ市田さん、α-STATION有友さん、お忙しい中お出で頂き本当にありがとうございました!!ライヴ後、山中満子さんと山田夕香さんが最近お仕事で行かれた南仏からお土産を頂いた♪[写真]ロマンティックなパープルを眺めながら、楽しかったライヴの余韻の中にまだ漂っています〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-22 20:56

11/20京町家でミニライヴ♪

f0115787_372198.jpg

『秋の夜の宴』と題された京都ランデヴ−ギャラリーのイベントにAricoがライヴで参加します!!とても素敵な京都らしいほっこり空間で、どんな響きが生まれるのでしょう?ぜひご来場お待ちしています♪

〜秋の夜の宴〜
山田夕香絵画展がただ今開催されている京都ランデヴ−ギャラリーでは、Aricoの曲『旅人たち』を聴きながら、山田夕香さんが独自の感覚で新たに創り上げた大作『果てしなき旅』(写真は一部)が今回初めて展示され、その作品の前でミニライブします。

●日時:11月20日(金)午後6時30分〜(演奏は午後7時START〜7時40分)
●会費:3000円(ワイン&チーズ付き)
●お問い合わせ&参加ご希望
アークコーポレーション075(821)7200

Aricoよりメッセージ
「15年ほど前、小さなキーボード楽器(ミニピアノと呼んで可愛がっていた)を抱えて色んな場所で演奏していた。その何ともレトロでフラジャイルな音が当時からお気に入りだった。性能のよい頑強なデジタルキーボードと違ってヒトの呼吸に近い感じ、そしてちょっと乱暴な弾き方をすると微かに遠くで悲鳴を上げているような。その弱さに何とも色香を感じて今まで手放せなかった。その独特のある種不安定な音色に一時夢中だった♪実は以前、東京銀座リクルート一階のクリエーションギャラリーで開催された、グラフィックデザイナー羽良多平吉さんの展覧会音楽もこのミニピアノで作曲した♪

もっと以前、多国籍ブルースバンドのメンバーとしても活動していた頃(婆さんになったらブルースピアニストになろうと思っていた。今はちょっと違う)、冬の日本海を訪ねた小さなツァ−にも連れ回していた♪京都では、春に公園で咲き誇る桜の木の下、夏の終わりに賀茂川の土手、豊かな自然に囲まれた小さな町家、友人宅パーティー、人形&写真展会場、法然院で詩の朗読とのコラボコンサート本番前のリハーサル時間、夕方のお経が何処からともなく聞こえてその音に触発されミニピアノで遊んだコラボが何とも楽しく幽玄で、居合わせたスタッフが夢心地だったと語ってくれたっけ♪岐阜では黄色くてかわいいオオキンケイギクが咲き乱れる広場、名古屋では今はもうなくなったレトロな本屋の二階からパフォーマンスの一環で奏でた。あっ博多の警固神社、東京芝の増上寺でも・・・!そんなミニピアノと旅したいろんな思い出が、今はもういなくなった方々と共に次々に甦った♪

ランデヴ−ギャラリーへお邪魔するといつも温かみと懐かしさを覚える。久しぶりにミニピアノを弾くと、どんな風景が拡がるのだろう♪今回は山田夕香さんが、私の曲『旅人たち』を聞きながら描いて下さった新作『果てしなき旅』が発表される♪懐かしい楽器と絵画作品がランデヴ−ギャラリーの町家空間とどう響き合うのか?だんだん、だんだん、愉しみが膨らんでキテいます〜Arico♪」
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-18 00:00 | Live情報

CM音楽作ってます♪

f0115787_3181843.jpg

やはり寒くなってきましたね。今週金曜日20日に京都ランデヴーギャラリーでライヴします。ずっと前から一緒に遊んできた61鍵の小さなキーボードで、久しぶりに色々と新しいアレンジで弾こうと思います。

最近パワーを頂いたのは、京都の上田一博さんのお母さんお手製ちりめん山椒、泉さんの畑で出来たオーガニックな生姜♪あたたかな電話やメールの数々♪声ってあたたかいんだね。極めつけは名古屋のギャラリーhuで聞いた、久田舜一郎さんの小鼓の無限大の響き♪何でも中心をとらえたパワーは凄い。頭の後ろ側が大分軽くなった〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-17 03:18

Silent Night

f0115787_2471633.jpg

お香を焚いてアストル・ピアソラ『Oblibion(忘却)』ジョン・レノン『Love』そして『SilentNight』を弾いた。涙が止まらなくなった・・・〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-16 02:47

何故・・・でも一杯ありがとう。

f0115787_16451819.jpg

以前私のマネージャーだったヒトが亡くなったと今朝共通の音楽関係者から連絡があった。実はそのヒトに2ヶ月前、久しぶりに会っていた。彼女とは東京でお世話になっていた事務所で仕事を通じて10年程前に出会った。私のピアノの音は特別だからといつも気にかけてくれたヒトだった。その後離れていたが数年前突然彼女から連絡が来て、Aricoさんのマネージャーをぜひ演りたいです!と名乗り出てくれた。当時、別のマネージメント会社にお世話になっていたが、音楽の方向性など色々ズレていると感じていたこともあり、その会社から離れて一時期彼女にマネージメントを任せていた。そして2005年から2007年あたりにかけて、東京ではいつも一緒に行動していた。あの三信ビルに出会った時もタクシーの中で彼女と一緒だった。だからどんな風に私が三信ビルと恋に堕ちたのか彼女が1番よく知っている。写真は三信ビルが壊される直前撮ってくれた。その後、また色んなコトが起こり、私のマネージメントを離れてからもいつも私のコトを心配していた。

彼女は音楽が大好きなヒトだった。音楽&映像の仕事をしていたが、最近そのコトでかなり苦しんでいたと共通の知人から聞いていた。しかし私には全然弱音など吐いたりしなかった。いつもAricoさんと色んな国で仕事したいですと夢心地の瞳を輝かせ、日本人離れしたキレイな首のラインと頭のカタチ。前髪を切り揃えた短いオカッパと、ちょっとかすれて甘えたような声のトーン。コム・デ・ギャルソンが似合っていた。いつまでも少女のような風情で華奢な身体つき。その従順可憐な瞳に全く似合わない獰猛な爪のカタチ。声の響きと共にリアルに思い出した。そして今度会えた時、ふたまわり程サイズを間違えて衝動買いした細いジーンズをプレゼントしようと思っていたのに・・・私より十歳程若かった。

二ヶ月前、久しぶりに彼女から連絡があってぜひAricoさんに紹介したいヒトがいるから一緒に会いましょうと、渋谷のオシャレなカフェで会った。そして映像関係の大きな会社の方を紹介された。その時はとても元気そうだったのに・・・彼女のおかげで会ったばかりのその方にお願いして、10/27京都ライヴの時、公開したザルツブルク公演映像を編集して頂けたのだった。だから彼女には最後までお世話になりっ放しで、何も返せないまま、一人ぼっちで遠くへ旅立ってしまった。彼女は別れ際、Aricoさん近々また会いましょうと私をハグしてくれた。もっと強く抱きしめたらよかった。色々思い出がありすぎて今はイタすぎる・・・一杯ありがとう〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-15 16:45

京都リストランテ アゼクラLIVE情報

f0115787_169378.jpg

京都在住ピアニスト〜Aricoの音楽と
RisutoranteAzekura〜イタリア料理のコラボレーション。

音楽と料理というジャンルを超えた出会い?闘い?は今回で8回目。回を重ねるごとに深く、激しくなっていくディナーライヴ!果たして今回の結末はいかに。。まだまだ紅葉の残るAzekura〜3000坪の香しい庭の一角で、築350年の酒蔵で繰り広げられる一夜限りのステージをお楽しみください。

「上賀茂の深い緑の香り。歴史の堆積を物語る静謐な空間。地元京都の豊かな食材の数々〜その美味しさを存分に引き出した濃密でセンシュアルな感覚に溢れた創作料理と音楽のこの上なく幸福なマリアージュ♪さて8度目の今回は、今年6月から始まったエフエム京都ラジオ番組『AricoPeter'srestaurant』の世界をアゼクラを舞台に一夜限り開店いたします♪実在した『ピータースレストラン』そこでは昔々、どんなに美しく心温まる時間が流れたのでしょう?お店に着いた瞬間ドラマはもう始まっています。ドレスコードは赤!京都上賀茂、とてもパワフルな美しい場所です。ぜひお誘い合わせてご参加お待ちしています!
スペシャルゲストに、エフエム京都DJ〜佐藤弘樹さん、写真家でボーカリスト〜山崎エリナさんをお招きして『語り』『歌』など様々なコラボレーションを展開いたします。ピアノソロでは深まる紅葉と呼応する『枯れ葉』、バッハやピアソラ、ちょっとはやいX'masソングなど新たな世界を一杯お楽しみ頂きたいと思います。それでは12月4日『ピータースレストラン』でお目にかかれますコト大変楽しみにしています♪ Arico」

日 時
2009年12月4日(fri)
OPEN 18:00/Dinner 18:30/LIVE 20:00
会 場
京都リストランテアゼクラ
京都市北区上賀茂岡本町30 大田神社 東隣
※アクセス:
地下鉄北山駅よりタクシーでワンメーター(3分)
市バス4番(河原町経由)上賀茂豊田町下車 徒歩5分
料 金
ディナー&ライヴ:10,000円
ライヴのみ:4,500円
後 援
α-STASION エフエム京都

ご予約・お問い合せ
Ristorante Azekura (リストランテ アゼクラ)
tel.075-701-0162
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-14 16:09 | Live情報

セルジュ・ゲーンズブール再び♪

f0115787_050046.jpg

次のラジオ収録が迫ってきたが、原稿書きが今回なかなか進まない。というのもだんだん秋も深まってきたので人恋しさ募るこの季節、恋する気分がより高まる音楽をかけて、その周辺のコトをお伝えしようと決めたんだけれども。なかなか自称恋愛至上主義者としては情けない事態でホントどうしよう。なんだかヤバイ話しをポロッなんてしてしまいそうだ。

今、セルジュ・ゲーンズブールを久しぶりに聞いている。恋愛至上主義としてはこのヒトを外せない♪若い頃よりずっと色々なコトを感じるのは何故だろう。ジャケ写を眺めているとつくづくイイ男だったんだなあと思う。こんなルックスが目の前にいたら3秒で堕ちてしまいそうだ。元々パワフル&野生で、実はちょっとストイックなヒトがくたびれていたり淋しさをこんな風に醸したりしてるのを目撃するとかなりヨワイ♪以前はゲーンズブールのような、明らかに危険な匂いのするタイプは出来るだけ避けてきた。しかし今になって気付くと、私自身かなり危険なタイプだった?!だから今はゲーンズブールのようなタイプだってあんまり怖くない。人生は悩むヒマもない程短いんだゼ恋せよ!乙女♪

そういえば映画『ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ』をむかし見たっけ。ゲーンズブールのSとジェーン・バーキンのMが極まった際どい共犯的表現だった。二人で歌う同名曲を久しぶりに聞いてジェーン・バーキンの健気さに打たれた!アノ漏れた息遣いは少年のようなジェーン・バーキンだから密室から開放しても赦されるのだ。ラジオは深夜だし『ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ』を流そうかな♪若い頃、ゲーンズブールのような男と恋に堕ちていたら今頃どうなってただろう〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-12 00:50

とてもうれしいコトがあった♪

f0115787_11316100.jpg

今日は大阪道頓堀にあるパワフルな場所(写真)で、パワフルな講演を聞いた♪美容家の安田正さんと安田さん率いるスタッフの皆さんたちの『Yasuda Beauty Business School』は、漲る熱気とオレンジ色の愛に満ちていて、お昼から時間は瞬く間に過ぎていった♪その会のはじめ、関西で美容室を経営する大勢の皆さんの前で、自分のコンサートと、パーソナリティを務めるラジオ番組の宣伝をさせて頂いた。温かい声援を皆さんから一杯頂戴して、一緒にX'masソングを歌って気分はハイテンション♪

休憩時間、スタッフの藤村さんが紹介して下さった、京都祇園の美容室のお洒落な女性は、なんと私のラジオ番組『Arico Peter'srestaurant』をいつも聞いて下さっていた!!そのAricoさんなんですよね〜と驚かれた様子だった。ラジオから流れる私の声のトーンが、眠る前の時間にちょうどいい感じだと、そして好きな音楽も流れていると言われ、ホントに嬉しかった!!今日はラジオ番組を始めて半年、やっとリスナーに出会えた記念日♪パーソナリティを演っていて心からよかったと思えた。

友人知人関係で聞いてくれているヒトは実は少ない。みんな朝早く起きて、夜ははやく眠る健康的な生活を送っているヒトが多いのだ。だからラジオを聞いていると言われるとたまらなく嬉しい。時々、どうせ誰も聞いてくれてないなあ〜なんて孤独な気持ちになるコトがある。でもそれは違っていた。とにかくサイコーなX'masプレゼントがはやく来た〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-10 01:13

11月20日町家でミニライヴ♪

f0115787_17381190.jpg

10月はもう終わっていた。ボケてます。久しぶりに今、懐かしい楽器(写真)と向き合ってます。音を出すとものすごくなつかしく、怒涛のように色んな記憶が鮮明に甦った(前ブログぜひ読んでください)ヤバイ。でも時間はもどらない。今週はランデヴ−ギャラリーライヴ11/20とアゼクラライヴチラシ12/4チラシ配りをしてました。ご無沙汰している友人知人関係皆さんの温かみがとてもココロに染みた〜Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2009-11-07 17:38


ミュージシャン山下有子[Arico]のブログ、最新情報


by aricohibinoawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
Live情報
活動予定最新
HP更新情報
音声配信
終了したイベント
未分類

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

人気ジャンル