<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

長良川黄昏ピアノリサイタル終了

f0115787_3141833.jpg

本日雨模様の中、たくさんの方々に集って頂きました。素晴らしい会場と眺め、マークレビンソンの音響との即興コラボレーションも、心地よく演奏しました。満員のお客さんでしたが、会場は本当に静かでひとつに溶け合いました。長良川おんぱくスタッフの皆さん。ピアノ調律の可児さん。ありがとうございました!岐阜都ホテル最上階リサイタル会場を撮るのを忘れたけれど、写真は一階ロビー。全体が素敵な場所でした。




今回、大きく岐阜新聞に掲載されたことで、それを見て駆け付けて下さった、父の昔の友達の奥様。その友達はずいぶん前に亡くなられたと聞いたけれど、子供の頃、家族同士の付き合いで、岐阜高山の方へみんな大勢でスキーに行ったことを思い出した。それから私の伯父も来てくれていたようだ。もう米寿くらい?!でも今も本屋でバッタリ会ったりする大好きな伯父。





小学校や中学生時代の同級生たちや先生。私の生徒たち。そして昔からの友達。またステキな新しい顔もたくさん出会った。皆さんの表情から、心地よい時間を共有出来たことがダイレクトに伝わり、とてもうれしかった!10月は怒涛のごとく過ぎていった。少しのんびりしたい。でもホントに今幸せだ。ありがとう。
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-31 03:14

10/30長良川おんぱく控室

f0115787_15115473.jpg

長良川おんぱく会場に来ています。お天気はすこし雨模様ながらすばらしい眺めの控室から。今からマークレビンソンサウンドシステム音響とのリハーサルです。この景観をたゆたうような響きを伝えたい。
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-30 15:11

本日長良川おんぱくコンサート!

f0115787_255853.jpg

東京へ向かった2週間前の日曜日、岐阜新聞に大きく取り上げていただきました!やはり新聞の力は大きいね。おかげさまで会場はほぼ満員です。とてもうれしいな!昔の仲間たちや中学の先生も?!10月は演奏が続き怒涛の日々でした。あっそれから本日、5時から始まるコンサート、ふらっと岐阜都ホテル会場11階へ来ていただいても、当日対応出来るとスタッフから聞きました。今日の気分でふらっとオッケー!場所&眺めサイコー!ではでは10月最後のコンサート、楽しんできま〜す!!
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-30 02:55

軽井沢千住博美術館映像音楽担当

f0115787_3525941.jpg

10/10オープンした軽井沢千住博美術館(写真右手)に先日行ってきた。建築設計は西澤立衛さん。全く美術館らしくない外の光が降り注ぐ内と外が一体化した建物だった。日本画の美しい天然色が退色しないかと先ず心配になったが、しかしそんな小さな?!心配など超越した千住さんと西澤さんの濃密なコラボレーション世界に、少しずつ呼吸も深くなってゆく不思議な体験だった。床も全体が土地のカタチに合わせて傾斜していて美術館内をゆっくり散策という感じ。





前置き長くなりましたが、こちらに隣接したショップのみで販売されている、軽井沢千住博美術館DVDの音楽を担当させて頂きました。内容は美術館の案内、千住さんのインタビューや西澤さんのインタビュー、特典映像(千住さんの作品紹介)、作品リスト等、流れているすべての音楽を担当しました。その映像が美術館内のどこかに流れているわけではありませんが、去年から今年にかけて作曲した新しい音楽が入っているので、興味のある方は是非旅気分で軽井沢へ・・・なお、その一連の音楽を中心にした新しいCDを作る計画があります。来春には間に合うかな?首を長くして待っててください。あっ10/30長良川おんぱくで一部弾きますよ!!集ってくださいね〜!!
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-23 03:52

10/16お別れの会会場

f0115787_3215560.jpg

写真は10/16青葉益輝さんお別れ会会場(前ブログ参照)での浅葉克巳さんの勇姿。ちなみに学生時代、イキスギル浅葉さんを守っていたのは青葉さんだったらしい。イッセイミヤケの衣装(下半身はハカマのような武士スタイル)に赤いハチマキ、その両側に日の丸の旗が・・・ピアノを弾いているすぐ側でのパフォーマンス!!70代なんて信じられない。浅葉さんは優しい。ピアノを弾いていない時、気付くとす〜っと隣に立ってて話しかけて下さった。もっとお話すればよかったけれど会場の雰囲気にのまれてずっと緊張していたようだ。だからか何だか今頃ゆるんできた身体のあちこちイタイです。
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-23 03:21

10/16お別れの会音楽を生演奏

f0115787_247860.jpg

10月16日、代官山ヒルサイドテラスでグラフィックデザイナー青葉益輝さん、お別れの会が午後3時から8時まで開かれました。第一部献花会、第二部偲ぶ会合わせて約550人の方々の献花式、及びBGMを、JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)のご依頼で、オリジナル曲中心にピアノ演奏で担当させていただきました。






青葉益輝さんが長年暮らされた代官山で、会場には馴染みのお花屋さんのお花、いつも通っていたサンドイッチ屋さんのケータリング、ご家族が制作した昔の写真や各界から寄せられたメッセージ映像が流れ、青葉さんの強いメッセージ溢れた環境ポスターや平和ポスター作品に囲まれて、3時間近く演奏しました。






献花台近くにピアノがあったので(写真)すぐ側を通られた中條正義さん、和田誠さん、佐藤加士和さん、加納典明さん、葛西薫さん、中島信也さん・・多くの著名な方々の横顔に驚き様々な感動を覚えながら静かにピアノを弾き続けました。





○△□展覧会で青葉さんとご一緒して来られた、学生時代からの朋友長友啓典さんのユーモアを含んだ温かな言葉、長年に渡り○△□展覧会を開催してきた銀座リクルートクリエーションギャラリーG8のチーフディレクター大迫修三さんの真摯な言葉、○△□展覧会で青葉さんとご一緒、学生時代からの朋友でお別れ会実行委員長浅葉克巳さんはすごく艶やかなイッセイ・ミヤケの衣装で最後にピンポン玉を会場の皆さんへ向けて発砲?!その派手なパフォーマンスは笑いと涙両方を誘いました。グラフィック界や様々な広告業界を代表する方々ばかりの集い、余裕もなくひたすらピアノに向かいましたが、今は大事なお役目を果たせた安堵に包まれています。
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-23 02:47

久田舜一郎と仲間たち即興公演。

f0115787_23554480.jpg

10月12日、名古屋5/Rホール&ギャラリー音楽ホールで開催された大倉流小鼓方の久田舜一郎と仲間たち〜伝統と現代〜コントラバスの斎藤徹、ソプラノ・サックスのミッシェル・ドネダ、打楽器のル・カン・ニンの皆さんの即興公演を聞いた!言葉にならない場所で久々打ちのめされた感!写真は打ち上げで。私も次回参加したくなった!!
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-22 23:55

本日ただ今から岐阜駅でミニlive♪

f0115787_10444841.jpg

県イベントの一環で、JR岐阜駅界隈で小さなライヴ3つ参加します!先ず岐阜駅ビルアクティブG広場でもうすぐ11時から〜、岐阜駅に隣接した高層ビル・岐阜シティ・タワー43一階『MERgE』で12時から〜そして14時から〜デジタルピアノでミニコンサート♪女子旅応援ショップイベントの一貫として愉しいひと時お届けしたい♪




ただいま『MERgE』では期間限定のステキな革小物、洋服、雑貨が一杯♪他に岐阜特産、旬の美味しい味覚が駅ビル各所でただ今あじわえます。お近くの方是非集ってくださいね!写真は気分がひそかにアゲアゲな待機中控室より♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-15 10:44

10/30長良川おんぱくコンサート会場

f0115787_16435197.jpg

先日、長良川おんぱく会場の岐阜都ホテル最上階で打ち合わせがあった。素晴らしい眺めが拡がり(写真)10月30日夕方5時からこの場所で、だんだん暮れていく時間をご一緒出来るコンサートへの期待が少しずつ膨らんできています。

今回、レクサスという車にのみ搭載されている世界最高峰オーディオブランド『マークレビンソン』のサウンドシステムとの初コラボレーションあり!先日、名古屋『マークレビンソン』スタジオへお邪魔して、信じられない程リアルに立ち上る様々な音を体感してきた。マークレビンソンのスペシャルな響き×ピアノの即興。暮れてゆく長良川と金華山の素晴らしい景観が合わさった時、どんな世界が出現するのかだんだん楽しみになってきました。

長良川おんぱく
http://nagaragawa.onpaku.asia/
岐阜市の川原町界隈(岐阜公園周辺エリア)を中心に、10月の1ヶ月間に100の体験交流プログラムを開催する長良川おんぱく。
まちの人が主役になり、新たな連携が生まれ、100のプログラムを通じて、出会いと感動が生まれてくるこの企画のフィナーレを山下有子の音色で飾ります。

山下有子が長良川を奏でるピアノリサイタル。天空のステージ・岐阜都ホテル『ザ・スカイバンケット』で、沈みゆく夕日に照らされる金華山と長良川を眺めながら、極上の音楽に身を委ねます。長良川の在り様をそのままメロディーにしたような、繊細で美しいAricoの楽曲に加え、岐阜に因んだ楽曲も。徐々に黄昏れていく一番おいしい時間を、キャンドルの灯りの中で過ごしませんか?

長良川おんぱく 申込み

【日時】2011年10月30日(sun)17:00~19:00

【会場】岐阜都ホテル 岐阜県岐阜市長良福光2695-2

【料金】4,000yen

【申込み】長良川おんぱく
http://nagaragawa.onpaku.asia/onpaku/program/4e438751495da35f5200000f

【主催】岐阜県/長良川温泉泊覧会実行委員会
【後援】岐阜新聞/中日新聞
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-14 16:43 | Live情報

勝山城博物館コンサートの余韻

f0115787_16275115.jpg

京都から特急電車で福井へ。福井からえちぜん鉄道で勝山市へ。えちぜん鉄道は一本の線路でゆったりしたリズムの各駅停車だった。それは誰もが持っている懐かしい場所へ還るようなそんな時間へ繋がっていた。初めて訪れたけれど、とても心地よく素朴な人情味溢れた旅路だった。





アークコーポレーション主宰山中満子さんのお招きで、勝山城博物館館長さんや理事長さん。勝山市長の皆さんと勝山の歴史を感じる料亭で会食。勝山市長は軽やかでお洒落でステキな方だった。えちぜん鉄道が、詩的で映像的で感動しましたとお伝えした。





コンサート会場は勝山城博物館。お城は竜の彫刻がぐるっと取り巻いて見たことのないパワフルなカタチ。山間の静けさの中、みごとな存在感を放って、建立された多田さんという実業家の故郷への計り知れない熱い想いに深く打たれた。





今回、画家マーク・エステルさんが平泉寺白山神社(写真)へ作品を奉納された記念の展覧会が勝山城博物館で開かれて、そのオープニングレセプションでのコンサートだった。マーク・エステルさんは日本神話を題材に描かれ、斬新な強い色彩とパッションを感じる世界の中に、マークさんが幼少を過ごされた南仏の紺碧の海の色合いと日本神話の繋がりを温かく感じながらのコンサート、どこから来たのか不思議な強いエネルギーを2度程体感しながらピアノを弾いた。会場は想像を遥かに越え、ヤマハピアノと音響空間が最高の組み合わせでとても心地よく演奏する事が出来た。集まって頂いた皆さまありがとうございました。




その後、アークコーポレーションスタッフの皆さんやマークさんと越前大仏、五重塔、恐竜パークを訪れた!平泉寺白山神社入口に立った時、あまりに深遠で美しい佇まい。1996年秋、東京日比谷の三信ビルに出会った時以来、深々と魂に響き渡る景観だった。写真は平泉寺参道の中程。ここから白山信仰の山々へと続く道の入口。また再び訪れたい場所が増えた喜びにまだ浸っています。
[PR]
by aricohibinoawa | 2011-10-14 16:27


ミュージシャン山下有子[Arico]のブログ、最新情報


by aricohibinoawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
Live情報
活動予定最新
HP更新情報
音声配信
終了したイベント
未分類

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

その他のジャンル