結婚式の帰りにビョーク♪

f0115787_67125.jpg

結婚式の帰りがけ、本日までの上映でどうしても観たかった映画「スクリーミング・マスターピース」の上映時間に間に合ったので、大宮九条で乗り合わせた車から降りて京都みなみ会館へ♪ちなみに私のささやかな自慢はここのヴィンテージ会員であること♪「スクリーミング・マスターピース」はアイスランドのコアな音楽シーン~伝説的ミュージシャンで古代宗教ペイガンの司祭やオルタナ系、ミクスチャー・ロック・バンド、ラッパー、懐かしいテクノ系、クラシックとアバンギャルドがごちゃまぜな怪し~いバンドなど、かなりマニアックな世界を描いたドキュメンタリーだった。なんてったって私の大!大!大好きなビョーク♪のライヴ映像やインタビューが出てくるので、絶対見逃せなかった。ビョークはそこらへんの宗教よりパワフルで強烈で本物だ。本人も自分の音楽は愛国心と様々な宗教で成り立っていると語っていた。彼女は野性動物と精緻なコンピュータが内蔵されてる、とても不可思議でシュールでセクシャル。つまり生々しく、毒々しくもあるけれども、同時に無垢で
透明な生き物だ。時に男も、女であることさえも超えている。ライヴ時は完璧な巫女体質♪以前から深く尊敬している。そして私自身のインナーチャイルドが捕えて離さないとも言えるし、好き嫌いも超越している。もちろんCDも全て持っている。あんなに凄いアーティストはいない。日本ではいつからか、その辺の何でもないヒトを簡単にアーティストや巨匠呼ばわりするようになったけれど、アーティストとは本来ビョークのような、突出した危ない因子を孕んだ才能の持ち主だけの称号のハズだった。日本は中途半端なモノが音楽でも何でもやたらに受ける国。かなり極端なモノ。例えば美しさにしても醜さにしても両極端に位置するモノあたりしか好きではない私に、なかなかここはツライ国だったっけ。ビョークの音楽やライヴを見ていると、私は深いところでいつも凄く元気が湧いてくる。いつもビョークは私に多大な効き目がある。そして友人K子も私にはなかなか効き目が強い存在。彼女も巫女体質♪なんか下りて来たら手に負えない感じのパワフルなヤツです♪本日はホントに
綺麗で神々しかったしヤバイゼ♪私もいつか結婚してみようっかな~?!~Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2007-09-01 06:07


ミュージシャン山下有子[Arico]のブログ、最新情報


by aricohibinoawa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
Live情報
活動予定最新
HP更新情報
音声配信
終了したイベント
未分類

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

その他のジャンル