バンコク~委ねられた時間の後

f0115787_3192571.jpg

外は雪で一面真っ白。

目をつむると滞在していたバンコクのベッドルーム両側にいたBuddhaが現れる。

先週は30度温度差のある異国にいたなんてどこか信じられない。だからといって目の前の現実もまだどこか遠い。不思議な繭のような殻のような、何かに包まれているような、護られているような感覚がある。


今までいったい何人の知人、友人関係からアジアはいい~タイはいいよ~と聞いたコトだろう。


やっぱり、自分の身体でまるごと味わうコトでしか、何もわからないし変わらないものだと思う。


電子レンジが苦手。

新幹線が苦手。

飛行機ももちろん苦手。

上の二つはここ数年でやっと慣れた。私の身体とはリズムが合わない。速すぎると思わない・・・?

機内では全く何も飲まない。食べないという体質だった。窓があけられないコトが当たり前だけれど苦しかった。全然慣れなかった。そして異国へ着くといつもすぐ日本食が恋しくなった。

それが今回のタイではどうよ。全く別人のような自分のいろんな強さに驚いた。

ホントに久しぶりの出国だったけれど、歳を重ねて、いろんなコトが以前より受け入れられるようになった。やっといろいろと委ねられるようになった。

そうするとこんなに楽なんだ。そんな自分が愛おしい。回りの人間関係も全て以前より愛おしく感じる。よく会うヒトも最近遠くなってるヒトのことも、オトコもオンナも関係なく・・・

久しぶりにココロも身体もかなり緩んでる。こんな気分になるなんてもしかしたら今までで初めてかも知れない。ものすごく素直な自分が自分の中心にいる。素直な時は、今までだって素直だった。だけど今の素直さは今までと違う感じ。でもそれを言葉で伝えるコトはむつかしい・・・。

毎日毎日細胞は少しずつでも入れ代わっている。なんかそんなコトを全く違うところから改めて眺めてるような感じがする。

バンコクからの帰り道、機内から見た夜明けの神々しい朝を告げるオレンジの光が、夜の暗く濃い青を切り裂いて押し拡げ、薄めていった・・・あの光景が忘れられない。

ぼちぼち戻って来なければ・・・やることが一杯だ。~Arico♪
[PR]
by aricohibinoawa | 2008-02-10 03:19


ミュージシャン山下有子[Arico]のブログ、最新情報


by aricohibinoawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

カテゴリ

全体
Live情報
活動予定最新
HP更新情報
音声配信
終了したイベント
未分類

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

その他のジャンル